足の毛を噛みます:犬の問題行動:札幌の犬 しつけは【ワントゥハウンズ】1/2Hounds

HOME<犬の問題行動

MENU
ケースワーク

足の毛を噛みます

質問

ペットの種類/品種名:犬/父:チワワ、トイプードル母:マルチーズのMIX
ペットの年齢:生後6ヶ月~生後8ヶ月歳
ペットの性別:メス
去勢・避妊:未
何についての相談:噛み
いつ頃からの問題:2日前から
飼育環境:室内
散歩頻度:30分以内
同居動物:飼っていない
タイトル:足の毛を噛みます
相談内容:
父:チワワ、トイプードル母:マルチーズのMIX♀、8ヶ月です。
目を離すと、自分の足の毛を噛んでいます。
他にも着ている服や、毛布、タオルも噛みます。
歯が痒いのかと、小型犬用のガムやおもちゃで歯には気をつけていても、気が付けば噛んでいます。
室内犬を飼うのは初めてで、よくわからなくて不安です。
これは普通の事なのでしょうか?


回答

「モノ」を噛むのと「自分」を噛むのでは大違いです。
8ヶ月齢であるなら、大抵の場合は「毎日の刺激が足りなさすぎ」により「自分なりに刺激を見つける」ために手に届くものをがじがじし、噛む発散をしているところでしょう。
子犬の成長過程では「噛む」ということがとても大切なのです。

しかし、自分の手足や尻尾を噛むというのはまた違い、「自虐行為」になって行く可能性のある行為です。今は毛をかじっているかもしれませんが、それがむしっていくこととなり、肌が露出し始めると過剰に舐め、「なめ壊し」します。結果的に医療補助を施すケースに見えますが、元を正せば精神的なものから来た行為となります。

室内犬/小型犬とはいえ、毎日のお散歩は欠かせません。心が刺激に飢えている子犬の時期はなおさら、お散歩は絶対に必要となります。運動量はおうちの中だけで充分かもしれませんが、でも「心を成長させる」ためにはお散歩がとても大切。

外での満ちあふれた刺激で心を満たしてあげましょう。心が健康に育たなくては、足を舐める行為もやめられませんよ。

▲TOPへ戻る